「自分には営業は向いてない!」と思う方の今後の対応策

「自分には営業は向いてない!」と思う方の今後の対応策

・自分には、営業は向いてない…。
・もうノルマに縛られるのは嫌だ…。

こんにちは、月間3万人が閲覧する『サトルライフ』を運営しているサトル(@satoru_bloggerです。そんなお悩みや疑問にお答えしますので、是非ご覧ください。

ここでは、これらの内容を解説します。

  • よくある「営業に向いてない」と言われる人の7つの特徴
  • 営業職が向いてないと思う方の対応策

僕自身は、みずほ銀行(個人・中堅中小企業・大企業・ファンド営業、2度行内表彰受賞)→M&A仲介(営業)→資産運用系ベンチャー(営業)と10年程度の営業活動を経験。

僕自身、10年の営業生活では最初の1年半はメンタルが完全にやられてしまい、ほぼうつ状態でした…。友人には、あの時のお前は本当に目が死んでたなと言われるぐらいでした…

ですので、自身のリアルな経験&周りの話を踏まえて記載しています。

  • 営業成績が伸び悩む営業マン
  • 営業職が嫌になりかけている営業マン
  • 就職活動中の方

この記事を見て実践することで、今までとは全く違った明るい未来が見えてくるはずです。

1.よくある「営業に向いてない」と言われる人の7つの特徴

「自分には営業は向いてない!」と思う方の今後の対応策

ネットや本などで取り上げられる「営業に」向いてないと言われる人の特徴を7つ挙げると、このような感じです。

  • コミュニケーションが苦手
  • マメに連絡をするのが苦手
  • メンタルが弱い
  • 自分に自信が持てない
  • 商品・サービスに自信がもてない
  • 提案力・売り込むのが苦手
  • 目標からの逆算ができない

みなさんいかがでしょうか。思い当たる節はありますでしょうか?

1-1.自分はほぼ当てはまってますけど…

この特徴を最初からクリアしている人は、日本でも数人ぐらいのレベルでしょう。

なぜなら、最初は皆ほぼ同じで右も左も分からないから。

当然、僕も営業を始めた時は、ほぼ全部クリアできてなかったですし、10年経過しても半分クリアできたかどうかというイメージです。それでも何とか銀行で2度行内表彰を受賞することが出来ました。

つまり、800万人以上いる販売職の中で、最初から全部をクリアしている人はほぼいないと思います。

たまに天性の営業マンがいますが、そういう方は無視してください。人には、ある程度向き不向きがあるので。

1-2.でもやっぱり自分には営業職は向いてない気がするけど…

ちなみに、ここで残念なお知らせがあります。

それは、前述した特徴を満たしてしまうと、他の職種でも向いてないということになるということです。

例えば、エンジニア職でどうなるか考えてみましょう。

  • コミュニケーションが苦手→営業職やお客様からの言いなりになるだけで、言いたいことを発言できない
  • マメに連絡をするのが苦手→進捗が周囲に伝わらないので、営業職やお客様から怒られる
  • メンタルが弱い→引きこもりがちで勉強はするが、案件には関わらないようになる
  • 自分に自信が持てない→自分の技術の無さに悲しくなる
  • 商品・サービスに自信がもてない→自分の技術の無さに悲しくなる
  • 提案力・売り込むのが苦手→営業職やお客様からの言いなりになるだけで、言いたいことを発言できない
  • 目標からの逆算ができない→期限が延び延びになり、営業職やお客様から怒られる

ということで、結果的にエンジニアにも向いてないということになってしまいます。

つまり、世の中で「営業に」向いてない特徴というのは、他の職種にもある程度関連してしまうということです。

ではどうすればいいの⁈

次の章で解説していきますので、ご覧ください。

2.営業職が向いてないと思う方の対応策

「自分には営業は向いてない!」と思う方の今後の対応策

「営業に」向いてないと言われる人の特徴への対応策を、一つずつ解説していきます。

2-1.コミュニケーションが苦手

僕の記事でも何度か紹介をしていますが、口下手・コミュ障でも営業はできますし、結果を出している方がいます。

なぜなら、営業はトーク力以外に、事前準備やトークのテクニック(心理学)など、大切な要素が沢山あるから。

リクルートで、口下手でトップ営業マンにまでのし上がった渡瀬氏がこのように話しています。

成熟社会の現代、「営業は話術と根性」というやり方はもう通用しない。お客さまは営業がしゃべればしゃべるほど警戒心を強くし、押せば押すほど逃げていく――。かつての成功ルールは、いまや足かせにしかならないのだ。

出典:渡瀬謙【「しゃべらない営業」の技術 (PHPビジネス新書)

渡瀬氏も話すように、トップ営業マン=営業トークが上手な人というわけではなく、トークが上手ではなくても営業が得意な方はいるということです。

僕も同意で、僕自身もトークはあまり得意ではありませんが、何とかできるなと思うことはありますし。

参考になる記事も用意しています。

口下手・コミュニケーションが苦手でも営業成績を伸ばすコツ

口下手・コミュニケーションが苦手でも営業成績を伸ばすコツ

2-2.マメに連絡をするのが苦手

だまされたと思って、一度営業≒恋愛だと捉えて下さい。

なぜなら、その方が自然とのめりこめるから。

恋愛だと思ったら自然とマメに連絡を取りたくなりますよね。

恋愛営業
○○を確認したいLINEか電話ですぐに確認電話orメールですぐに確認
○○を報告したいLINEか電話ですぐに報告電話orメールですぐに報告
スケジュールを調整したいLINEですぐに調整電話orメールですぐに調整

当然口調などは異なりますが、恋愛と同様であれば自然と連絡をしたくなるはずなので、だまされたと思って、営業≒恋愛だと捉えて下さい。

【営業マン必見!】営業トークで使える心理学のテクニック7選

【営業マン必見!】営業トークで使える心理学のテクニック7選

2-3.メンタルが弱い

実は弱いままでいいのです。

なぜなら、実は皆弱いから。

僕が銀行に入行後こんなことがありました。

  • 2年目の時に、体育会ラグビー部出身の同期がうつになり、退職する
  • 大学の体育会ラグビー部で主要ボストを務め、行内表彰を何度も受賞した先輩が次の部署で鬱で休職する

どう考えてもラグビー部で、メンタルが超強そうな見た目の方でも、実は弱かったりします。

この時、僕が感じたのは意外と皆メンタル強くないんだなということです。自分もメンタルは弱いですが、皆基本的に弱いし、弱くてもいいだということです。。

でも、何か良い方法はありますか?

そういう方法は無いですし、無理に鍛えようとするものではないと考えます。メンタルが弱いからこそ、それを払しょくするために、仕事においては細かい調整・準備をするのだと思います。

ただ、仕事とは離れますが、唯一これをすることで、人生の心の余裕が生まれるという観点で、参考になる記事を用意しています。

営業マンのメンタル強化の唯一の方法【それは分散⁈】

営業マンのメンタル強化の唯一の方法【それは分散⁈】

2-4.自分に自信が持てない

これの対応策としては、他人のために頑張ることです。

なぜなら、自分を変えよう変えようとするとさらに不安になったり鬱になったりしまうから。

こんなイメージです。

  • お客様のために頑張ろう→自然と気持ちが入る
  • 自分のために頑張ろう→気負いすぎて、心が不安定になる

メンタリストdaigoが、自信が持てない方向けにこのように話しています。

自分を変えようとする目標を立てて頑張れば頑張るほど不安やうつは悪化してしまう。他人のために行動しようと思うだけで高血圧が改善したりメンタルだけでなく肉体的にも良い影響が大きい

出典:Mentalist DaiGo Official Blog「いつになっても自信が持てないなら…

つまり、自信を持つためには、他人のため(お客様)に頑張るという意識が大切ということです。

また、最近マンガで読んだもので、30万部のベストセラーらしいので参考になればと。

2-5.商品・サービスに自信がもてない

売れる営業マンのマネをしていくしかありません。

なぜなら、彼らがその商品やサービスの売り方のプロだから。

仮にトップ営業マンですら、

  • ここ数年は販売に苦労している
  • 同業他社も苦労している

という業界や会社には未来がないかもなので、転職も選択肢の一つです。

売れる営業マンのマネをする際には、こちらの記事も参考になるかと思います。

営業職に必要な能力・スキルアップのためにすべきこと

営業職に必要な能力・スキルアップのためにすべきこと

2-6.提案力・売り込むのが苦手

売り込まなくてよいのです。

なぜなら、自然とお客様が買いたいという気持ちにさせることが大切だから。

僕も商品を売り込んだり、商品のデメリットを目立たせないようにして、提案するのに苦労したものです。

はい、売り込むのは本当に嫌です。

営業の神様とも言われる加賀田氏がこのように話されているので、参考にして下さい。

営業とは自分がよいと信じた物を相手のために断りきれない状態にして売ってあげる誘導の芸術である

出典:著者加賀田晃【営業マンは「お願い」するな!

つまり、売り込む必要が無いということです。断りきれない状態にして誘導してあげるだけということです。

この領域に達することが出来れば、大抵の商品・サービスは販売できそうですね。

2-7.目標からの逆算ができない

初心者は、目標から逆談することができません。

なぜなら、目標を達成する=契約を積み重ねるという経験をしていないから。

僕も新人の時の上司からの指導は、気合いだ―とりあえず行って来い、先輩のマネをしろーとしか言われず、苦労しました。

私もそうでした…。

ただ、マネをしろと言われてマネをできる人は、言われる前にできてるし、そんな人はほんの一握りの人間だけ。営業のやり方やコツを具体的に押さえない限り、目標からの逆算は出来ないんです。

そうなんですよね。結局よく分からないんですよね。

売れる営業マンとは⁈【営業トークのコツ・テクニックを徹底解説】

売れる営業マンとは⁈【営業トークのコツ・テクニックを徹底解説】

3.【まとめ】もう営業に向いてないとは言わせない!ダメなら転職も…

「自分には営業は向いてない!」と思う方の今後の対応策

今回の記事をまとめるとこのような感じです。

よくある「営業に向いてない」と言われる人の7つの特徴と対応策は、

ネット等では、「営業に」向いてない特徴と書かれていますが、これは他の職種でもある程度同じ話です。

なので、今回の対応策を参考にしてもらった後に、転職などの別の道を考えても遅くは無いと思います。

実際に利用したサイト・エージェントのみ

\おすすめの転職サイト/

ビズリーチ

  • 高年収求人No.1
  • 対象年代は30代〜50代の男女で、レアな求人に出会える
  • スカウトを待つだけで転職ができるので、仕事と両立しながら転職したい人も利用できる
  • たくさんの方と出会う機会が用意されており、様々なキャリアのプロに相談しやすい

ある程度の年収を狙うなら登録必須のプラットフォーム。2度目の転職で利用しましたが、転職活動に多少慣れていれば、利用しない手はないです。このプラットフォームから沢山の企業・プロのエージェントと出会えました。リアルな話、1度目の転職でビズリーチだけを利用するのは少し心細いです。1度目の転職であれば大手のエージェントで自分の専属担当+ビズリーチ(様々な企業に直接&他のプロのエージェント)がおすすめです。

\登録無料・年収600万円以上なら/

\おすすめの転職エージェント/

JAC Recruitment

  • 東証一部上場企業
  • 国内大手、外資系、海外進出企業を中心に求人を扱っている
  • 求人を紹介するコンサルタントが企業に直接訪問している
  • 知人・友人にJACを進めたい方94.5%

1度目の転職ではこの会社の存在を知りませんでした。2度目の転職で知りました。全ての業界対応してくれて、とくに金融関連・インターネット関連・技術系に強いです。コンサルタントの質も全般的に高かったので、年収600万以上なら登録です。結果的にこちらを利用して転職しました。転職するなら次回も使います。

マイナビエージェント

  • ターゲットは、首都圏・関西圏の20~30代のビジネスパーソン
  • 人事・採用担当との強いパイプがあるため求人の質が高い
  • 金融業界、営業職やIT業界、技術職など専門知識が必要な分野でも、経験豊富なアドバイザーに相談できる
  • 公開求人数が約24,000件+非公開求人約80%

大手ですし、営業職・金融・IT業界にも強いので、20代~30代の方は登録して損の無いエージェントですね。規模としては業界3番手ですし、求人数も豊富。もう一度転職をするのであれば、マイナビエージェントは間違いなく利用しますね。

\3分以内で無料登録完了!/

dodaエージェント

  • 転職者満足度1位
  • 日本最大級の転職支援実績と取扱い求人数を誇る(約10万件の豊富な求人情報)
  • 面接・職務経歴書専門のアドバイザーが手厚くサポートしてくれる
  • 転職サービス人事・採用担当との強いパイプがあるため求人の質が高い

業界No.2だけあって、エージェントの方の対応もすごく良かったです。求人数も約10万件あって、ここで探せない求人はほぼ無いといってもいいぐらい。合致しない方はいないのではないかと感じます。また、拠点数も多く、ほぼ全国対応なので誰にでも合致する転職エージェントだと思います。

\5分以内で無料登録完了!/