営業職に向いてない・辞めたい方が営業以外で稼ぐ道を考える

営業職に向いてない・辞めたい方が営業以外で稼ぐ道を考える

・もう営業辛いし、辞めたいなあ…。
・営業成績も出ないし、辞めようかなあ…。
・自分には、営業は向いてない…。

・自分はメンタル弱いし、営業出来るかなあ。
・もしメンタルがやられたらどうしたらいいんだろう。

こんにちは、月間1.5万人が閲覧する『サトルライフ』を運営しているサトル(@satoru_bloggerです。そんなお悩みや疑問にお答えしますので、是非ご覧ください。

ここでは、これらの内容をまとめています。

  • 営業マンにおすすめのストレス解消法
  • パワハラへの対処法
  • 営業に向いてないといわれる方の今後の対応策
  • 営業活動にやる気でない方の対処法
  • メンタル強化の唯一の方法
  • ノルマに追われる営業マンの打開策
  • 営業を辞めたい方の様々な可能性と選択肢

僕自身は、みずほ銀行(個人・中堅中小企業・大企業・ファンド営業、2度行内表彰受賞)→M&A仲介(営業)→資産運用系ベンチャー(営業)と10年程度の営業活動を経験。

僕自身、10年の営業生活では最初の1年半はメンタルが完全にやられてしまい、ほぼうつ状態でした…。友人には、あの時のお前は本当に目が死んでたなと言われるぐらいでした…

そこから復活して何とか2度銀行内で表彰を受賞するまでになりました。

ですので、自身のリアルな経験も踏まえて記載していきます。

  • ノルマに追われて辛い営業マン
  • 営業活動でメンタルがやられている方
  • パワハラに苦しむ営業マン
  • 営業職に少し不安を抱えている就活生・転職活動中の方

僕自身以前は今よりも視野が狭く、文系=営業という考え方でしたが、外の世界を見てみると意外とそうでもない、様々な稼ぎ方があるのだということが徐々に見えてきました。

この記事を見て行動することで、このまま営業生活を送るよりも、有益で楽しい生活が待っているはずです。

もう絶対に営業のことは考えたくないという方は、「3.営業職以外の道を探る」だけご覧ください。尚、僕自身は現在プログラミングに挑戦中です。

プログラミング初心者が1年で月収50万円まで稼ぐことに挑戦!

プログラミング初心者が1年で月収50万円まで稼ぐことに挑戦!

1.まずは営業方法を見直してみる

僕も何度も営業を辞めたくなったので、気持ちはよく分かります。

営業以外の道を考える前に、もしかしたらこれを改善したらうまくいくかもという観点で、3つの記事を用意したので、ご覧ください。

1-1.ストレス解消法

まずは、ストレス解消法の前に、自分がどのような種類のストレスを抱えているのか把握する必要があります。

なぜなら、ストレス解消というゴールへの逆算が必要であるから。

ストレス要因がノルマ/予算へのプレッシャーなのに、マインドフルネス(瞑想)を何時間したとしてもストレス解消にはならないと感じます。

ですので、まずはストレスの要因が何なのか確認する必要があると考えます。大抵営業マンが感じるストレスは、この6つに分類されます。

  • 社内の人間関係
  • お客様対応へ
  • 業務量/残業時間の多さ
  • ノルマ/予算のプレッシャー
  • 自分への不甲斐無さ
  • 自社商品やサービス

このどれに当てはまるのか、しっかりと踏まえた上で、ストレスの原因を解消していく必要があります。

営業が辛い、もうしんどいと感じた時のストレス解消法

営業が辛い、もうしんどいと感じた時のストレス解消法

1-2.パワハラの対処法

パワハラというと、営業現場でよく起きているのが、

  • 身体的な攻撃を受けている
  • 同僚の前で上司に頻繁に叱責される
  • 別室で上司に頻繁に叱責される
  • 上司に相手されない/ほぼ無視
  • 契約を取るまで帰ってくるなと言われる

というようなケースです。

僕も大半を経験済みです…。自分の営業方法を見直した上で、それでも光明が見いだせない時には、転職も一つの選択肢です。

会社はいくらでもあるので、自分の身を守るのが先決です。

営業マンが辛い・辞めたいと感じるパワハラの種類とその対処法

営業マンが辛い・辞めたいと感じるパワハラの種類とその対処法

1-3.営業に向いてないと思う方の対応策

まず、ネットや本などで取り上げられる「営業に向いてない」と言われる方の特徴を7つ挙げると、このような感じです。

  • コミュニケーションが苦手
  • マメに連絡をするのが苦手
  • メンタルが弱い
  • 自分に自信が持てない
  • 商品・サービスに自信がもてない
  • 提案力・売り込むのが苦手
  • 目標からの逆算ができない

僕も大半が当てはまっていましたが、少しずつ改善中したきたつもりです。その経験も交えてまとめています。

「自分には営業は向いてない!」と思う方の今後の対応策

「自分には営業は向いてない!」と思う方の今後の対応策

>> 【5社以上の転職エージェントの活用経験あり】転職エージェントよりも企業選択に時間を掛けるべき!
>> 2度の転職活動を経験した僕が学んだ転職エージェントの上手な活用術

2.営業方法を見直しつつ、別の道も探る

ここでは、今までの営業方法を見直すだけでは…という方に、見直す&別の道を探るという観点で、記事を3つ用意しました。

これを読んでいただく前に一つお伝えすると、文系=営業しかないという考えは古いし、視野が狭いと言わざるを得ないということです。

営業力というスキルは、ほかの職種でも必須のスキルにはなると感じますが、他のスキルと合わせることで、より価値が生まれると感じます。

2-1.営業がきつい、やる気がでないという方

ここでは、これらの内容をまとめていきます。

  • 営業職で一時的にやる気がでないという方の対処法
  • 営業職で慢性的にやる気がでないという方の対処法
営業がきつい、もうやる気がでないと感じた時の対処法

営業がきつい、もうやる気がでないと感じた時の対処法

2-2.メンタルが弱いという方

こちらが、僕が銀行員の若手時代にメンタルがやられていた時の実体験をかなり含んだ特徴です。

  • 上司のことが嫌で報連相をするのがしんどい
  • マイナスを引きずって真面目に捉えすぎる
  • 周囲への相談すら億劫になる
  • 自分はダメな人間だと自信喪失状態になる

これらを解消するためには、この分散があるだけで、おそらく気持ちの余裕が全く違ってきたであろうと感じているので、まとめていきます。

営業マンのメンタル強化の唯一の方法【それは分散⁈】

営業マンのメンタル強化の唯一の方法【それは分散⁈】

2-3.ノルマに追われて辛い、辞めたいという方

ノルマに辛いという方について触れておくと、僕自身の経験、周りの営業マンの声をまとめると、このような意見に集約されます。

  • ノルマを達成する道筋が見えない
  • 勝手に決められたノルマでプレッシャーを掛けられる
  • ノルマ達成のために売りたくもないものを売らされる

これらについての打開策を具体的にまとめていきます。

ノルマに追われて辛い・辞めたいと思う営業マンが打開する方法

ノルマに追われて辛い・辞めたいと思う営業マンが打開する方法

>> 【5社以上の転職エージェントの活用経験あり】転職エージェントよりも企業選択に時間を掛けるべき!
>> 2度の転職活動を経験した僕が学んだ転職エージェントの上手な活用術

3.営業職以外の道を探る

ここでは、即営業を辞めたいという方向けの内容をまとめています。

ただ、営業は辞めたいけど稼がないと生きてはいけない。なので、営業を辞めてどのように稼いでいくのかという観点で、3つの記事を用意しました。

3-1.女性の選択肢

このような基準で今後の選択肢を考えていきます。

  • ノルマに追われるようなものではない
  • 自分から積極的に人間関係を構築する必要がない
  • 出産後も自宅で継続してスキルを伸ばすことが可能である

という条件の下、現状の財力に応じて選択肢を3つ挙げると、

  • 【すぐに生活費が底を尽きそうな人】営業職以外の転職先を探す
  • 【半年程度の生活費がある人】スキルを身に付けるためのスクールに通う
  • 【半年程度の生活費がある人】ライティング技術を磨いて、記事を投稿する
営業職に向いてない・辞めたいと感じる女性の3つの選択肢

営業職に向いてない・辞めたいと感じる女性の3つの選択肢

3-2.30代以上でも問題なし

この記事では、営業一筋で30代だったとしても、営業以外で稼げる方法をまとめているので、是非ご覧ください。

30代だけど営業を辞めたい⁈【No problem!】

30代だけど営業を辞めたい⁈【No problem!】

3-3.辞めるのが甘えではない。他に大切なことがあるよという話

僕自身、10年間の営業生活で、若手時代に辞めたいと思う場面がよくありました…。

その度に、「営業を辞めたいというのは甘えだ」と何百回も自問自答しましたが、僕の結論としては、「甘えとか甘えじゃないとかいうのはどうでも良い」ということです。

大切なことは、「何か本気になれることがあるかどうか」です。

この記事で、深堀をしていくので、このような方は是非ご覧ください。

【営業を辞めたい!】が甘えではない理由と本当に大切な事

【営業を辞めたい!】が甘えではない理由と本当に大切な事

最近の投稿