銀行員に英語は必須か⁈【必須では無いですが、選択肢は拡がります】

銀行員に英語は必須か⁈【必須では無いですが、選択肢は拡がります】

英語、英語って会社もうるさいし、とりあえず英語の勉強はしといた方がいいのかなあ。

こんにちは、月間1.5万人が閲覧する『サトルライフ』を運営しているサトル(@satoru_bloggerです。そんなお悩みや疑問にお答えしますので、是非ご覧ください。

この記事では、このような内容を解説していきます。

  • 銀行員で英語が必須な方
  • 英語を身に付けることで拡がる世界
  • おすすめの勉強法

僕自身は、みずほ銀行(個人・中堅中小企業・大企業・ファンド営業、2度行内表彰受賞)→M&A仲介(営業)→資産運用系ベンチャー(営業)と10年程度の営業活動を経験。現在はフリーランスに転身。

自称資格マスターの私は、あらゆる資格(FP1級・簿記2級・宅建・証券外務員1種・銀行業務検定法務税務財務2級・証券アナリスト1次3教科など)を取得。

自慢ではないですが、独学でほぼ1発で受かってきましたが、英語だけは…。

2年間頑張りましたが、TOEICは700点ぐらいまでしか上がらず、挫折しました…。

その経験も活かして、やってはいけない勉強法・逆に英語が話せるようになっている友人の勉強法をご紹介します。

  • 銀行員で英語を勉強しようか悩んでいる方

この記事を読むことで、そもそもどのような方が英語が必要なのか、身に付ける場合の勉強方法についての理解が進むはずです。

1.銀行員で英語が必須な方

銀行員に英語は必須か⁈【必須では無いですが、選択肢は拡がります】

それは、ずばりこんな方々です。

  • 銀行内でTOEICの点数が昇格に関わる方
  • 契約書などのやり取りが英語中心の部署に配属になる方
  • 将来的に銀行内の海外拠点で働きたいと考えている方

尚、2つ目と3つ目の方は、そもそも英語が必要であると感じて異動している方がほとんどですし、この記事を読んでいることも少ないと考えているので、詳細は割愛します。

当然必須の方々です。

英語が必須な部署や海外赴任は人気なので、いきなり訳も分からずそういった部署への異動ということはほぼ皆無ですし。

なので、1つ目だけ簡単に触れておきます。

2つ目・3つ目に該当する方は、次の章をご覧ください。

1-1.銀行内でTOEICの点数が昇格に関わる方

ここ数年は課長に上がるときの昇格基準の一つとして、TOEIC600点以上とか、730点以上とか言われることが増えてきています。

なぜなら、若手に英語だ、英語だと言っている上司が全く英語が出来ないというのは問題だから。

僕自身は、700点近辺で挫折後、銀行を去ったので英語学習は辞めましたが、今後銀行で出世したい方は600点程度は最低限、出来れば730点以上というイメージです。

逆に定年まで銀行員・昇格不要という方には、必須のスキルではありません(銀行も強制解雇には出来ないので…)。

銀行員に資格試験の勉強は必要?【出世のための一つの手段です】

銀行員に資格試験の勉強は必要?【出世のための一つの手段です】

2.英語を身に付けて拡がる世界

銀行員に英語は必須か⁈【必須では無いですが、選択肢は拡がります】

題名の通り、TOEICの点数が高い・英会話が出来るだけでも銀行からの転職先は拡がります。

裏を返すと、英語(TOEIC)が800点ぐらいないと、そもそも人生の選択肢が狭まるということです(起業やコネは別です)。

僕自身も転職活動を2度行ったので、銀行員がよく考えそうな転職先については一通り求人を見た中で、お話します。

銀行員がよく考える転職先として大手(給料をある程度維持するという観点で)かつこのような業界で、転職するのに英語が必須かどうか考えてみます。

  • 外資系コンサル:必須
  • 国内のコンサル:あると強い
  • M&A仲介:無くてもよい
  • 他の金融系(保険・証券・カード):無くてもよい
  • リース会社:あると強い
  • ベンチャー/スタートアップ:無くてもよい
  • 公務員:無くても良い

転職をちらっとでも考えたことがある方には、見覚えのある業界だと思います。

また、30代近くなって銀行からの転職を給料を8掛けぐらいに抑えようとすると、公務員かベンチャーは結構厳しいです。

消去法で考えていくと、それ以外(上記の5つ)の1/3程度は英語が必須かある方が強いということになります。

つまり、給料をある程度維持するとなると、英語が無いというだけで、1/3程度は選択を狭めているということになります。

この現状を打破したい方や前述の銀行内である程度出世を考えている方は、次をどうぞ。

ここまで読んでいただいて、俺には関係ないという方は、これ以上は読んでも無益です。

3.おすすめしない勉強法

銀行員に英語は必須か⁈【必須では無いですが、選択肢は拡がります】

私の勉強法(反面教師です)を真似すると、TOEICの点数や英語力は伸びないので、まずは真似しないようにしてもらうためにご紹介していきます。

この4点です。

  • 特段英語学習に目標(ゴール)が無い
  • 独学onlyである
  • youtubeやポッドキャストを毎日2時間程度の聞き流し
  • youtubeで単語を覚える

私は、まずはリスニングだということで、有名なyoutubeのバイリンガールやポッドキャストのHapa英会話をひたすら聞いて満足していました。

ちなみに、バイリンガールもHapa英会話も非常によく出来た動画やリスニング教材で、私は大好きでした。

ただ、私がこの動画やラジオを活かせなかっただけです…。

多少リスニング力は伸び、TOEICの点数も多少上がりましたが、それ以上でも無くという感じでした。

この勉強法の大きな問題点は、以下の通りです。

  • 何のために英語学習をしているのか明確ではない→ゴール・目標(目的)を明確にすべき
  • リスニングだけでほぼ思考停止している
  • 英語を実際に使用する環境に自分を置けていない(独りよがりの学習)

上記に挙げた教材自体は非常に有益ですが、私の進め方は無益なので、絶対に真似しないでください。

1年でも2年でも簡単に無駄になりますから。

逆に短期間でも英語が伸びている人の特徴のやり方は次にまとめています。

4.英語力が伸びている方の勉強法

銀行員に英語は必須か⁈【必須では無いですが、選択肢は拡がります】

この流れです。

  1. ゴールを設定する
  2. 目標や目的を明確にする
  3. 勉強方法を考える

ですので、こちらをご覧下さい。

ゴール目標や目的勉強方法
銀行内での昇格TOEICの点数UPテキスト
転職で選択肢を拡げる日常英会話習得スタディサプリENGLISH
レアジョブ英会話
転職で選択肢を拡げるビジネス英会話の習得レアジョブ英会話
RIZAP イングリッシュ

それでは、細かくまとめていますので、ご覧下さい。

4-1.TOEICの点数を伸ばしたい

やるべきことは非常にシンプルで、TOEICのテキストを繰り返し、本番を何度も受験するだけです。

理由はシンプルで以下の通りです。

  • TOEICは傾向がある程度よめる
  • 何度も受験することでTOEICテスト慣れしてくる

私の友人は元々TOEIC500点台でしたが、1年程度で800点後半に伸ばしていて、その友人がそのように話していました。

なので、TOEICの点数を伸ばしたいだけなら、まずはテキストを何周もして、何度も受けることです。

これしかありませんので、一応王道のテキストを張っておきます。

時間のある方は、自分が好きそうなテキストを本屋で買ってください。

4-2.英会話の上達→TOEICの点数も自然と伸ばしたい

勉強法は、シンプルでアウトプットのためのインプットです。

  • インプット→インプット→インプット→上達せず・楽しくないので長続きしない
  • インプット→アウトプット→インプット→アウトプット→上達する・楽しくなる

今や超ベストセラー作家の樺沢氏も学びを結果に変えるアウトプット大全でこのように話しています。

できる人ほど、アウトプットを重視している

引用先:学びを結果に変えるアウトプット大全 [ 樺沢 紫苑 ]

これは英語学習にも活かされます。

ここで、英語学習をインプットしたあとに、アウトプットするための機会を始めから設定しておくのかを考える必要があります。

  • 独学→×(私が実証済み・2年どぶに捨てたい方はどうぞ)
  • 留学→△(1週間の留学とかありますが、短期すぎて効果薄い)
  • オンラインスクール→○(コロナ下&自宅で手軽に可能)
  • オフラインスクール→△(コロナ下でオンラインの方がおすすめ)

有名なオンラインスクールについて簡単にご紹介します。

4-2-1.スタディサプリENGLISH(日常会話)

銀行員に英語は必須か⁈【必須では無いですが、選択肢は拡がります】
出典元:スタディサプリENGLISH

スタディサプリENGLISH(日常会話)は、リクルート系列の会社が提供していて、入り口の勉強にはおすすめです。

特徴は以下の通りです。

  • 1回最短3分で隙間時間に出来る英会話レッスン
  • ニューヨークを舞台に繰り広げられるストーリーに沿って、海外ドラマを鑑賞している感覚で学べる
  • スマホ/PCでリスニングからスピーキングまで全て集約
  • ディクテーションや発話トレーニングなど本格的なトレーニング
  • 月額1,000円~2,000円で可能
  • 全ての機能が7日間無料でお試し可能

また、スタディサプリEnglish ビジネス英会話 もあります。

4-2-2.レアジョブ英会話

銀行員に英語は必須か⁈【必須では無いですが、選択肢は拡がります】
出典元:レアジョブ英会話

レアジョブ英会話 は、2007年の創業開始から会員数80万人を突破、 講師数6,000人以上を誇る国内最大級のオンライン英会話サービスです。

特徴は以下の通りです。

  • 日常英会話コース(毎日1レッスン)は月額5,800円
  • ビジネス英会話コース(毎日1レッスン)は月額9,800円
  • 毎日朝6時~深夜1時まで開講
  • Skypeいらずの「レッスンルーム」
  • 学習経験豊富なフィリピン人講師
  • 4,000以上の教材から選択可能

25分129円~のマンツーマンレッスンなら「レアジョブ英会話」

東洋経済オンラインや産経新聞、雑誌プレジデントでも紹介 「レアジョブ英会話」でも紹介された英会話

4-2-3.RIZAP イングリッシュ

銀行員に英語は必須か⁈【必須では無いですが、選択肢は拡がります】
出典元:RIZAP ENGLISH

RIZAP イングリッシュ は、ボディメイクで圧倒的な知名度を築いたライザップが運営する英語スクールで、一人一人の課題に合わせて「専属トレーナー」が最適な方法を伝授します。

特徴は以下の通りです。

  • 専属トレーナーがマンツーマンでお客様に最適なカリキュラムを構築
  • 英語漬けの毎日を送り、短期間で効果的に学ぶ。
  • アウトプット重視型
  • 月々1万円程度で無理なく開始→30日以内ならコース代金全額返金保証あり

【30日間全額返金】ライザップがTOEICにコミット!ライザップイングリッシュ

5.【まとめ】英語により選択肢は拡がるが、目的の無い英語学習は不要!

銀行員に英語は必須か⁈【必須では無いですが、選択肢は拡がります】

今回の記事をまとめるとこのような感じです。

  • 銀行員も昇格を考えるならある程度のTOEICの点数は必要
  • 将来的な転職でコンサルやリース会社など選択肢を拡げるなら必要
  • 英語の勉強も目的を明確にした勉強が必要(なんとなくは挫折する)
  • TOEICの点数UP→テキスト中心
  • 英会話向上→アウトプット出来る環境を整えない→間違いなく挫折or効果なし

目標・目的の勉強は無意味です。

私も資格の勉強をしてきて、全然伸びなかった英語学習を振り返ると、目標や目的が明確ではなかったこと、環境を整えていなかったことが大きいと感じています。

一方で、英語が話せたり、TOEICが伸びている方は逆で、目標が明確だったり、環境をしっかりと整えてたりしています。

それが大きな差に繋がったと反省しています。

もし、目的がしっかりとあるのであれば環境を整えない限り、数ヶ月での上達は間違いなくないはずです。

余談ですが、私は現在web制作でフリーランスとして活動し始めていますが、ゴールを明確にして、やらざるを得ない環境にして活動しています。

このやり方はきついですが、案外近道だったりするかもです。

もしご相談があれば、twitterもやっているのでDMでも下さい。

銀行員にも副業は必要!【始めやすい副業を5つまとめてみた】

最近の投稿